×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うつ病を治す方法

認知行動療法とは何か

現代はストレス社会と言われています。ですから、悲しいことに心を病んでしまう方も多いです。心の病気を患ってしまった場合、恐らく認知行動療法というものに出会うことでしょう。とはいえ、認知行動療法とは何かと思う方も多いですよね。ここでは認知行動療法とは?という疑問にたいして簡単ですがお答えしていきますね。認知行動療法とは、患者さんの不適応状態での情緒的、行動的、認知状態の問題や傾向を分析し、その歪みを新しい考え方を知ることで軽減させたり解決させたりしていく治療法のことです。

 

悩んだり凹んだりしてしまった場合、自然と考え方が暗くなったり、狭くなったりしますよね。そうなっているご自分を認識し客観的に見ることで、ああ考え方が狭くなっているなあ、と自覚することで、こんなに悩む必要なかったんだ、ということに気付くことが出来ると思います。そして、暗く考えてしまう時に、違う見方で新しい考え方や対処法を知ることで、暗くなる必要はなかったんだ、と気付けます。悪い方へ進んでしまうルートに、別のルートを発見させたり、光を照らす、そういった色々な認識方法や種類を増やしたりすることで問題を軽減しようという治療法なのです。